携帯各社のキャリアで利用できるスタービーチの誕生

Author: v525qem  //  Category: ガラケー時代

携帯電話にはキャリアと呼ばれる言葉があります。
普段の生活でキャリアと言いますと経験を意味しますが、携帯電話では契約している会社のことを指します。
スマートホンが当たり前の現代ではあまりキャリアの違いを意識しませんが、ガラパゴス携帯の頃にはキャリアが命という側面を持っていました。

キャリアが違うとサービスが受けられない

その頃はまだインターネットを、みんなが使えるインフラとしてという考え方よりもキャリアが商売をするために使う技術と捉える側面がありました。
実際、ガラパゴス携帯からインターネットに接続するためにはキャリアが提供しているインターネット接続サービスにアクセスしてそこから自分の必要なページを閲覧していくという感じだったのです。
今では土台考えられないことです。

キャリアごとにサービスを用意する

そこで、大手の会社や人気のサービスは自分の所を誰でも使えるようにと多くのキャリアからちゃんと自社のサービスに接続できるようにしていていました。
出会い系サイト黎明期に、無料の出会い系として爆発的な人気を誇った「スタービーチ」もこの戦略をとったのです。

どんな携帯電話でも使えるように

人と人とが出会うという特性上、アクセスできる端末が限られてしまうとどうしても利用者からしたら非常に面倒なものです。
スタービーチもあらかじめそのようなことを理解していたのでしょう。
携帯電話のキャリアが提供するサービスに、スタービーチを登場させて誰でも簡単にメル友や男女の出会いを求めることができるようにと工夫していたのです。

今では考えられないけれど

先ほども申し上げたように、キャリアごとに使えるサイトが限られていた時代というのはとうに終わって、今では考えられないことになりました。

Comments are closed.